猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する巨乳であることの悩み

ママ友

夏も本番に入って30度前後になる日も
出てきたオタワ


日本の夏みたいで、好きだな~


学校もあと2週間で夏休みに入るんで
これからの2週間、学校関係のパーティーだらけ


子供は嬉しいけど・・・
親としては「また~!!
ほぼ毎日のようにこうイベントが入ってくれると疲れる―。
私、もう年だしー!


楽しみと言えば、
子供の学校のママ友さんたちと
ぺちゃくちゃおしゃべりすることくらいで・・・


それにしても、夏になってからママ友さんたち、みんな薄着だから
すごいんだよなー


羨ましいほどの巨乳


Vネックから飛び出してきそう~
羨ましい~!


学校の先生やっている人もいて
高校生男子相手に「こんな服きていいのか~!」って思うぐらい衝撃的。
女の私でも、目がそこにばかり集中してしまうね・・・(汗)


でもさ、やはり、巨乳の人には巨乳の人にしか
わからない悩みがあるようで
運動しにくいらしい。
走ったりするのにも邪魔って言うし
谷間の汗も気になるらしい・・・


確かに、私も授乳中は、赤ちゃんがいっぱい飲んでくれるもんだから
スイカのようなおっぱいがふたつ出来てしまって
(看護婦さんにも「双子を授乳するレベルのおっぱいね。気をつけて」と言われたほど)
当時はジョギングすると、胸が痛いし動くし、まともに走れなくて困った


まぁ授乳中の胸(ミルクが入った胸)と巨乳を
比較するのはちょっと無理があるのかもしれないけど
巨乳は巨乳なりに大変なのね~


いやー、それにしても、私はうやらましいーぞー(^-^)/


*****************
■ Facebook始めました~!皆さんと繋がれたら嬉しいです。たまに仕事で書いた記事もアップしてます。よろしくお願いします。

■ 「ブログ読んだよー」 と下のバナー(ブログ人気ランキング)をクリックしてくれたら励みになります♡
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)では
原作を担当しました
アマゾンから。











スポンサーサイト

この記事のみを表示する運命とか前世とか・・・

ママ友

ご縁のある人とは
会うことになってると思うよ―



と、心理学を専門にしている
お友達に言われた事がある。



例えば
道端で素敵な女性にあったとする

「こんな人とお友達になれたらなー」
なんて思っても


初対面で
ほんの数分、会話しただけで
電話番号なんて交換するのも
ちょっと不自然。


結局、初めての出会いでは
「さようなら」で終わるんだけど


本当にご縁のある人なら
また偶然会うようになっている


ということです。



「なるほどねーー」と
この話を聞いたときは、
あまり深く考えてはいなかったんだけど



偶然って不思議なもんで
そんな話をした後に


「お友達なりたい!」
と思える女性に出会ってしまった。



まさに、初対面で連絡先なんて
交換するわけでもなく
その場を後にしたんだけど

やっぱり友達に言われた事を思い出した。

「本当に彼女と私の人生が交差するようになっているんだったら
絶対、再会するはず!」



で、数ヵ月後、偶然にも子供の日本語学校で再会


ピン!と来たよ

私はやはりこの人とは出会うことになっているのかな―

と思ってしまった。



そして彼女に出会ってから数年経った今


私にとって、かなり大切なお友達 となりました。


私、今まで、『運命』とか『前世』とか
信じない派=信じたくない派 だったんだけど
いろんな経験を通して
人間関係には
なんだかそんな物が存在するような気がしてきた・・・


皆さんは運命とか前世とか
考えた事や感じた事ってあるものなんでしょうか?

*****************

寄ってくれたついでに、
下のバナー(ブログ人気ランキング)のクリック↓↓ も
どうぞよろしくお願いします 



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!
原作を担当しました

アマゾンから。


■小倉マコホームページは こちら まで















この記事のみを表示する偶然は必然? 苦手だった人との再会

ママ友

こないだ、ばったりと
10年ぶりに 昔の同僚 にあってしまったよ



あんまり合わなかった人なんで
そのまま気づかないふりしようかな・・・(笑)
とも、正直、思ったんだけど
(ちょっと腹黒いかな・・・笑)


基本、自分が苦手だなと思うひとは、
相手も同じ事思ってること多いでしょ?!
だから、声かえても、相手もきっとゲッて思うんじゃないかな~なんて
思ったりもして。



でもね、最近、この『偶然は必然』という言葉が
ちょっと心に引っ掛かっていて



こういう偶然にも、何か意味があるのかもなー
なんて、思い直したりして。



それに
やはり、
気づいていて気づかないふりするのって
なーーんか、自分がいやな人間になった気もするんで



だから、思い切って、声かけてみた!



うちの家の近所に住んでいて
子供たちも年齢が近く


今日出くわしたコミュニティーセンターに
頻繁に通ってるらしいしんで


いづれかは、絶対に再会するって
感じだったなぁ。


ということで、再会するひとには、
再会するようになってるんだなーと
つくづく、この「偶然は必然」について
ちょっと考えてしまいました。



この再会が何を意味するのかは
わからないけれど


声かけてよかったなー
とは思ってるよ!



*****************

寄ってくれたついでに、
下のバナー(ブログ人気ランキング)のクリック↓↓ も
どうぞよろしくお願いします 



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!
原作を担当しました

アマゾンから。


■小倉マコホームページは こちら まで















この記事のみを表示する忘れられない一言

ママ友

人間の心(魂)って、リサイクルできると思うの―


と、ある日、ママ友に言われた。



最近、彼女(カナダ人)、スピリチュアルの世界に興味を持ち始めたようで
特に、この東洋でもおなじみの 『輪廻』 を、勉強しているらしい。



彼女のロジックでは
世の中にあるものはすべてリサイクルできるんだから
(ほら、例えば、人間の体だって、死んだら土に戻るでしょ)
人間の心だってリサイクルできるはずと。


そうやって、魂がリサイクルされているから
過去の記憶がある人も実際にいるとか。
(確かに、仕事で知り合った心理学者さんも、
生まれ持った記憶について研究していたな・・・)



興味深い考えだよね。


私は、人間の心も体も、死んだら『無』になると
子供の頃から教えられて、育ってきたんで
輪廻については、正直なところ、
あまり考えようとはしなかったんだけど



彼女のロジックで、世の中を見たら、
こうやって、今の世界に生まれてきて、
色んな人に出会い、
同じ時間に生きて、
同じ時間が重なることってことは
すごい『偶然』なんだなっーーて、思ってしまったわ。



輪廻が存在しようが、しまいが、
人とのつながりは大切にしたいなと
思う今日この頃です。


--------------------
寄ってくれたついでに、
下のバナー(ブログ人気ランキング)のクリック↓↓ も
どうぞよろしくお願いします 



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!
原作を担当しました

アマゾンから。


■小倉マコホームページは こちら まで













この記事のみを表示する園児を恐怖に巻き込む

ママ友

ここ数週間
息子の幼稚園のお迎えの際



ギャーーー!!
ママーー、ダディー、たすけて!!
たべられる~~~!
こわい~~~!





なんて感じの
すごい悲鳴が響いてます




この園児たちを恐怖で
震わせている原因というのが!



まさに!!!


今、一番仲良くしているママ友の犬



最近飼いだしたもんだから、
彼女、嬉しくて
毎日お迎えの際に連れてくるんだけど・・・




その犬がデカクて元気なもんだから
園児に向かって



飛びつくわ、吠えるまくるわと
迫力満点




いまや、ママ友が登場するたびに


ギャーーー!また来たー!


と言った具合に、幼稚園のプレイグランド
は大混乱



うちのおしんこちゃん(3)も


ママーー、コワーーい!抱っこーーー!!


の連呼。



ごめん!みんな、この悪い犬、どけるから
ちょっとお待ちを!




と、ママ友の焦りに焦った叫び声と
幼児たちの悲鳴が


ちょっとコミカルで面白い・・・


いやいや、笑っている場合じゃないんだけど
ほら、本気で怒っている親御さんとかもいるし。


それにしても、どうして、そこまでして
犬を連れてくるのか、不思議といえば不思議だよね。

(私だったら、そこまでして犬を連れて来る
度胸ない)

やはり犬は家族の一員という絆が強いのかな~。
私は、動物が基本苦手なんで、
あんまりそこらへんの愛情ってものが
理解できないんだけど



動物が大好きな夫にしてみれば
犬も子供たちもお互いに慣れたほうがいいから
大賛成だ!

「犬=いろんな意味で怖い」(←まさに私) 
という概念を持って欲しくないみたい。

要は、犬は人間の友達となるべき存在 
らしいですね。


やはり育った環境が、動物に関する見方も
左右するようです。




**************
下のバナーをクリックしてくれたら
ブログ更新の励みになります!



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



外国人姑ってどんな感じ?っと
気になったら
こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!

日本の姑さんにも負けない勢いです
↓↓↓↓
アマゾンから。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。