猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するお菓子の日

成長

menchie.jpg



『お菓子の日』にときどき寄る
フローズンヨーグルトのお店。


そう、一時期、ほぼ毎日のように
グミ食べたい、ハイチュー食べたい、アメ食べたいと
あまりにもお菓子を食べたがるザンちゃん(4)に


これは一体どうするべきかと考えた挙句
大人の私たちと同様、お菓子の日を設定。


(もちろんお菓子全般を拒否しているわけでなく
添加物が多いお菓子のみ避けています)


週に2回ある『お菓子の日』には
度を超えない程度に
好きなお菓子を与えています。


で、また「グミ、ハイチュー!」なんて言い出したら
「今日はお菓子の日じゃないから
お菓子の日まで待とうね!」と
少しずつですが
ディトックスしてます。


意外と子供たちもお菓子の日を理解
してくれ
お菓子をくれとせがまなくなったような気も。


ということで、現時点で
このお菓子の日、効果あり~!


この調子、この調子


*ブログランキングに参加してます*
下( ↓ )クリックしてくれたら 
むちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ










スポンサーサイト

この記事のみを表示するオッパイはやめられない?!

成長

2歳になったおしんこちゃん!

断乳もしたし
ひとりで寝るし
トイレトレーニングも終わったし
よくよくしゃべるしと


ちょっぴり大人っぽい彼女ですが・・・


そんな彼女にも
まあまだ赤ちゃんじみたところが!


それは おっぱい


おしんこちゃん、
おっぱいはもう飲みませんが
でも触るのが大好きで
悲しいことがあったり
疲れたり
眠たいときは決まって


「ママ、おっぱい、さわって いい?」


ってこのままのセリフを投げかけてきます。


キャーーかわいい~ と 親ばかな私。
もちろん いいよ


と、この返事を聞いて
ものすごい勢いで
服の中に手を突っ込んで
触りまくってくれる我が娘。


で、こんなオッパイ好きなおしんこちゃん。


最近ちょっと拍車がかかってしまったようで
質問の仕方も変えてきました。


「ママ、顔でオッパイ、さわって いい?」



な・なんてマニアックな。


「う・うん、いいよ。あなた、顔で触りたいのね。。。顔で」


と彼女の趣向にちょっと躊躇しつつも
顔で触っていただきました。


そんなことで次は何で触りたいと言い出すのか
ちょっと気になるところです。


でもかわいいのよね~~~


下( ↓ )クリックしてくれたら 
むちゃくちゃ嬉しいです。
ランキングでるよ。



人気ブログランキングへ










この記事のみを表示するトイレトレーニングは終了したものの・・・

成長

遅くなりましたが!

我が家のおしんこちゃん

無事2歳になりました

そしてトイレトレーニングも驚きのごとく
無事1週間ほどで終了し
昼間も夜もオシメ・フリー。


でも夜がちょっとキツイ。


だって、最近、ほぼ毎晩
午前3時になるとおしんこちゃんが
起きてくれ

「ママ、おしっこ したい。トイレ いきたい」


って言ってくれるんです


熟睡しているときに起されるのって
結構久々なんで
体に堪える!


最初のほうは
私も寝たいし
おしんこちゃんにも夜中におしっこする習慣を
つけたくなかったので


「あ、オシメでしていいよ~


なんて返事したんだけど
(そのためのオシメよ!)



「イヤだ、トイレでおしっこする」


と言い張るもんなんで(さすが女の子)
仕方なくトイレに連れて行ったものの・・・


今では、もう
「おしんこちゃんはお姉ちゃんだから夜もオシメはしたくない」
なんてスゴイことを言い出してくれ


ゲーーっなんて思いつつ
結局のところ、夜オシメしてても
オシメでおしっこしてくれることはなく、
毎晩、3時に起きてトイレに強制されることなんで、
まぁ下着でもOKかと思い
夜も、下着を履いてます。


女の子って、発達に関しては男の子と比べると
早いなんて一般的に言われてますが
(↑ 正直、全く信じてなかった私ですが・・・)

娘を持ってはじめて
あ、本当だと納得。


まぁでも彼女の場合は上を見て育ってきている
ってのも大いに影響していると思うんだけどね。


同じ親を持って同じように育てられても
やはり個人差ってあるもんですね。



ブログランキングに参加中

下( ↓ )クリックしてくれたら 
むちゃくちゃ嬉しいです。
ランキングでるよ。



人気ブログランキングへ



この記事のみを表示する紙を無駄にする子供には―

ママ友

昨日のプレイデートで
ママ友さんが子供(4)に対して言ったセリフが
良かったので、おすそ分け


と言うのが・・・
最近、ザンちゃんも含め
彼女の子供もそうらしいんですが


『紙』を無駄にする!


ちょっとお絵かきして
自分の思うように行かなければ
やたらと新しい紙を欲しがったり


あとは自分の書いていた紙に
妹や弟がふとした瞬間に
線や○などちょびっと書いただけで
怒ってしまい
また新しい紙を欲しがる!


最近、紙くれ、紙くれって―


私もちょうど、どう対応したら
紙の無駄使いは良くないというこを
4歳児に理解してもらえるのだろうかと
思っていた矢先



目の前で全く同じ状況下に置かれた
ママ友さんが自分の子供に対して



「ねぇ、こんなに紙を無駄にしたら
誰の家がなくなるんだったかなぁ?」



え!誰かの家がぼく達のせいでなくなっちゃうの?と
この答えにザンちゃんも考えている様子。


私も一体だろう?と興味津々


紙=木 だから
『ママ友さんの家』って教えているのかな~?
なんて思いつつ
でもそれはそれで
ちょっと子供もビビッてしまうような・・・



で、ハッとした様子の彼女の子供が


リスさんのおうち!



「そうだよね。リスさんの家がなくなったらかわいそうでしょ。
だから紙を無駄にしないでね」


と上手に諭した彼女。



ザンちゃんもその場にいたから
一緒に理解したようです。


効果バッチリ。
ふだんからバルコニーや公園などで
しょっちゅう
リスさんを見ているだけに、

そりゃ、大好きなリスさんの家が
なくなっては大変です。


この年の子供は、ほんと、素直でかわいい。


ブログランキングに参加中

下( ↓ )クリックしてくれたら 
むちゃくちゃ嬉しいです。
ランキングでるよ。



人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するおからでパウンドケーキ

料理

016.jpg

『おから』がたくさん手に入ったので
(↑ 日本人人口の多いバンクーバーでは
日本食スーパーも豊富なので、基本の日本食材は手に入ります)
今朝はおからパウンドケーキを
朝食に焼いてみました。


おからの量と同じくらい
リンゴ、干しブドウ、アーモンドにくるみ
が入ってます。


リンゴにシナモンを絡めて最初に軽く
火を通したのが良かったようで


朝食にうるさいザンちゃん(4)も
「シナモンにリンゴに、いいにおい~!」
とパクパク食べてくれました。
ザンちゃんにもシナモンの匂いってわかるんですね。。。


020.jpg


ちなみに小麦粉は入っておらず
歯ごたえもシットリといった感じ。


でもこれは出来立てより、
ちょっと冷めたほうが美味しい。


「マコ家の食べ物ブログなんて面白い?」って
抵抗があったものの
実家の母が「気になる!見たい!」って言ってくれるので
たま~に朝ごはん紹介させてください。


ブログランキングに参加中

下( ↓ )クリックしてくれたら 
むちゃくちゃ嬉しいです。
ランキングでるよ。



人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するバイリンガル!

成長

今日はちょっと面白い発見をしました!


それは言葉。

うちの子供たち(ザンちゃん4歳・おしんこちゃん2歳)は
英語圏のカナダで育っているので
英語はもちろん出来ますが
ふだん一番時間を共にしている母親とは
日本語で話しているので日本語も話します。


なので英語も日本語も、母国語のように感じているはず


だから
日本語にはあるけど英語にはない音や
その逆に
英語にはあるけど日本語にはない音など
色んな音が聞き取れ、耳はかなり敏感となっております
(要注意!)


そして今日
音で覚えるあいうえおの本で遊んでいたとき
(この本、ひらがなを押せば、その押した言葉を読んでくれます)



ザンちゃん、どうしてか
『らりるれろ』の行に行くと、しっくりこなくい。


「リオ」って名前を打ちたいんだけど
(周りにリオっていう名前多いんで)


「リオ」を押したら、
リオの「リ」が「R」で発音されている。


でも英語読みのリオの「リ」は「L]。



だから


「リオが出ない!」と本を目掛けて
怒ってる




どうしてママ?
リ(←Lのこと)はどこ?




そうなんですよね、日本語には
la  li  lu  le  lo という表記がされない通り
Lの音はないですよね。

私たちがふだん日本語で発音しているのは
ra  ri  ru  re  ro のほう。


もちろん、私もザンちゃんに言われるまで
この本の「らりるれろ」には気がつかず


今日言われて初めて
「そういえば!本当だ。ザンちゃん、よく聞き取れた!」
なんて思ってしまったものの


私のこの驚きように旦那君あきれてました。

「当たり前っしょ。カナダで生まれてるんだから
それくらい意識しなくてもわからないとヤバいよ」と。


日本人の私たちが
旅行(Ryoko)と亮子(Ryoko)の違いが一発で分かるように

(そうです!英語圏の人にとっては、この伸ばす音が
難しい。この『旅行』と『亮子』や名前の『ユキ』と『ユウキ』が
かなりの難関発音)

英語話者には
RとLの音は聞き流しても、はっきり違いが聞こえるようです。



そんなバイリンガルの子供たちは
旅行も亮子もユキもユウキも
そんでもって、もちろん
リオも
すべて聞き取れて
あらためていい耳持ったもんだね~~~!
と思った今日でした。





目指せ出来るだけ毎日更新
「ランキング20位台目指すぞ~~」っとひとり意気込んでます。
下をクリックしてくれたら、そんな私のゴールがかなり近づくので
是非よろしく~!
同時に現時点の本ブログの順位もみえます。




人気ブログランキングへ


この記事のみを表示する日本男子のフィギュア、カナダでも話題に!

成長

オリンピック盛り上がっていますね~!


早速、日本の金メダルには
カナダでも報道され話題になってます。


義両親も興奮気味で
羽生選手が金メダルとった日には


いつもの電話口での「ハ~イ!元気してる?」が

おめでとう~!日本、金メダルよ。
ユズル・ハニュー!  ハンサムボーイ!!」

お叫びになってました。

ってか、ふたりともカナダのパトリック・チャンの
銀メダルは悔しくなかったんでしょうかね。


あ、あの調子だったら
ふつうに日本を応援してました・・・(笑)
うん、実家の母親より、彼らのほうが
あの金メダルを喜んでいたと言っても過言ではない。


週末も、銀行に行けば
銀行員のおっちゃんに
「見たか?あの日本のスケート。素晴らしかった!」
と言われ

日本人であることで、いろんな人から
「日本、おめでとう」の言葉を浴びさせていただいてます。


次は女子のフィギュアですね!ドキドキ
真央ちゃん、がんばれ。





目指せ出来るだけ毎日更新
「ランキング20位台目指すぞ~~」っとひとり意気込んでます。
下をクリックしてくれたら、そんな私のゴールがかなり近づくので
是非よろしく~!
同時に現時点の本ブログの順位もみえます。




人気ブログランキングへ




この記事のみを表示するバレンタインズデー!

ママ友

今日はバレンタインズデー

北米では、一般的に男性から女性へ
I love youの気持ちを込めて贈り物をします。

(↑ 感謝の気持ちを込めて・・・って書いていたら
旦那がそれは違う!と抗議。
うちの場合は、「マコさん、いつもお世話になっております。
これからもよろしくお願いします」的な
日本でいう義理チョコのように捉えていたんですが。
どうやら違ったようですね


ということで、日本のように、女性から男性へ
今まで秘めていた愛を告白!っという
ドキドキする習慣は残念ながらありません。


女性にとっては嬉しい日である(はずの)
バレンタインズデーなので、
子供の学校の送り迎えで顔を合わす
カナダ人ママさんとの間ではこの話題で盛り上がってました。


とあるママさんは
今朝起きたら、ベットの横にバラのブーケと
ブレスレットと◎に△にと置いてあってびっくりしたわ~~と。
(あまりにもたくさんもらっているので覚え切れなかった私)


うわぁ~、なんてロマンチックな。
ブーケなんて前日から準備してたんだな~と思うと
愛を感じますね。


また別のママさんは
だんなのやつ、昨日は飲み会で深夜に帰ってきやがって
今朝は6時に家を出るわ、そのままスポーツジムに行って
体鍛えるわ、その後は、直接、仕事には向うわと
バレンタインズデーなんてすっかり忘れてるのよね!と。

(それは、かなりマズイ!)


で、肝心の私は?

旦那君、覚えていたようで
大きい箱、抱えて帰宅いたしました。

ボーとしてる彼ですが、一応、毎年、
覚えてはいますね。

ただ、今年は、昨夜、喧嘩したこともあってか
(しかも、本の整理中に、どの本を捨てるか
捨てないかと言う・・・)
プレゼントがいつにもなくステキでした。


ありがとう・・・。



今週はがんばって毎日ブログ更新
「ランキング20位台目指すぞ~~」っとひとり意気込んでます。
下をクリックしてくれたら、そんな私のゴールがかなり近づくので
是非よろしく~!
同時に現時点の本ブログの順位もみえます。




人気ブログランキングへ



この記事のみを表示するママぁ~、ボクはどこで買ったの?

成長

2012 Feb 011

今月はおしんこちゃんの誕生日の月とだけあり
子供たちもこの誕生のプロセスに興味津々。


そしてわが息子ザンちゃん(4歳)が

「ねぇ、ママ!ボク、どこで買ったの?」ってすごい質問を。

いやいや、ザンちゃん、ママのお腹のなかに
長いこと住んでたよ~

「じゃ、どうやってママの体から出てきたの?」

うん、いい質問!
ザンちゃんはどう思うか聞いてみると!

「ママの口の中から出てきた!」

そう来るか。
一瞬、ドラゴンボールのピッコロ大魔王を思い出てしまったよ。
確か、口の中から、オエッ~~って吐いて
何か産んでいた記憶が。。。違うかった?


ついでに、聞いてもないんですが
おしんこちゃんに関しては・・・

「ママのと一緒に出てきたよ!」
と言って、ザンちゃんひとり大笑いしておりました。


4歳らしい発言です・・・

それにしても子供の想像力には
本当に驚かされることでいっぱいです!


☆今週はがんばって毎日ブログ更新します!☆
「ランキング20位台目指すぞ~~」ってことで・・・
下をクリックしてくれたら、ポイントが加算されるのでお願いします。
同時に現時点の本ブログの順位も見れます




人気ブログランキングへ

この記事のみを表示する子供の誕生日には母親も祝っとこ!

成長

今月はおしんこちゃん、2歳の誕生日です。


子供の誕生日って親としてはこの上なく嬉しい日ですよね。


あーこんなに成長してくれてありがとうっと
感謝の気持ちでいっぱい。


と、同時に、


あー私も2年間もよくこの子を育てたもんだわ!
(ザンちゃんの場合は4年間も!)
妊娠中も含めたら、ほんと約5年も母親してエライって
思ってしまいます。


そんなガンバッタ母親も子供の誕生日に祝福されるべき!
だと思うのは私だけ?


もちろん、旦那さんもがんばっていますが、
女性の場合は、子育ては腹の中から始まってますよね。


つわりから始まり、出産、
その直後からは寝れない毎日が続き・・・


最初の子供なんて、初めてのことばかりだから
自分の身体のトラブルから(母乳あげていると特に!)
子供の病気のトラブルまで
最初の一年なんて、母親命がけ
お母さんって本当にエライよ。


だから子供の誕生日の月には
ひとり感慨にひたりながら
がんばった自分も祝福してます
あ、もちろん、欲しいもの買ったりして(笑)


☆今週はがんばって毎日ブログ更新します!☆
「ランキング20位台目指すぞ~~」ってことで・・・
下をクリックしてくれたら、ポイントが加算されるのでお願いします。
同時に現時点の本ブログの順位も見れます




人気ブログランキングへ

この記事のみを表示する大敵 朝ごはん!

料理

BREAKFAST.jpg


小さなお子さまをお持ちのみなさん、3食のうちで
一番困っているのは何ですか?


うちは、『朝食』 です。


まず、朝おきてすぐにはお腹も空いてないので
食べれないらしく、起床後1時間くらいしてから
ようやく朝食を食べてくれるのですが・・・


昼食や夕食の際なら何でも食べるくせに
朝食だけは、食べたり食べなかったりとムラが。
朝食は一日の始まりなんでやはり食べて欲しい!


で、今日は珍しくかなり熟れたバナナが
あったので、バナナブレッドを食べることに合意。


昔の私なら、バナナブレッドを朝からなんて
トンでもない話でしたが
何度も作っているので、
目分量で材料も混ぜるだけと言う
我ながらかなりの速さで作れました。


去年までだったら、
きっと材料を混ぜてオーブンに入れるまでに
30分はかかっていたものの、本日約5分。
これぞスーパーママへの道!


ウォールナッツ、レーズン、胡麻、アーモンドも
入れて美味しく焼きあがりました。


肝心の子供たちも喜んで食べてくれて
朝から嬉しいスタート。
はい、正直、こういうのは珍しいんです・・・。


「ジュースも飲みたい」なんて言い出すので
珍しくスムージーも寒い冬だと言うのですが
作ってみました。
これはブルーベリーとパイナップルとバナナ。


当たり前のことだけど・・・
こうやって前にも何度か作っていたからこそ
ぱぱぱっと出来てしまうもんなのだなっと確信!

ちょっと成長した自分に嬉しくなった今朝。
(子供が出来る前は、お料理はレシピなしでは絶対無理)


この調子で行くと
料理本も夢ではないか・・・!?と
かなり調子に乗っている私です。ヤバイ?!



☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ





この記事のみを表示する小姑も外国人

嫁と姑

『姑が外国人』なら
もちろん『小姑も外国人』


小姑=旦那の妹君
ですが
今日はこのレアキャラ小姑について。


彼女は元々小学校の先生だったんだけど
最近それが物足りないと感じるようになり
ダウン症や自閉症などの発達障害を持つ
子供たちのクラスを担当する先生になるため、
大学院に通っております。

大学の傍ら小学校でも
教えている熱血先生の小姑。


彼女もまた2児の母で
彼女の子供のほうが年齢的にはちょっと上です。

そんなわけで
ちょっと先輩ママな小姑には
育児をするにあたり、いろんなアドバイスを
もらったり、いろんな育児用品を借りたりもらったりと
助かってます。
持つべきものは小姑!


で、そのなかでも搾乳機はかなり助かりました
あれ買うと結構高いんです!
しかも、向き不向きもあるので
買って使って合わなかったらかなり最悪。


そして、先日、おしんこちゃんのお誕生日会に
その例の搾乳機を返そうとしたんだけど・・・



小姑「え、貸してた?」
マコ「うん、しかも、あなた自身がもともとお友達から借りたやつ」


そうです、『又貸し』だったりもしたのです。


小姑「あーー、ヤバイ、誰から借りた搾乳機だったっけ?」


し・しんじられない。。。
借りた相手が誰だったか覚えていないなんて・・・


マコ「私はもう使わないんで、とりあえず返しておくね!」
考える小姑。
意を決した様子で「あ、それ、捨てといて!」


え? 
い・いや、あんた、捨てといて!って・・・。
ダメでしょ。
人から借りたものだし。


と、マコの返答に対して、彼女のロジックは↓


貸してくれた友達が何も言って来ないのだから
彼女はもう必要ないってことに決まっている。
もし返してなんて今更言ってきやがったら
ずっと昔にあなたに返したわよ!って、しらを切る。






こ・こんな人、いるんですか!?
いや、いるんです、私の目の前に。
しかも、本人、真面目に言っているんです。


全く持って説得力がゼロなんで
返す言葉が見つかりません。


やはり姑さんに育てられただけあって
小姑さんもなかなか・・・


ふぅーー、この一家で、唯一まともなのは
家の旦那だけか・・・?!


ということで、小姑さんと物の貸し借りをするのが
怖くなったマコです。
って言うか、もう絶対しません(笑)


☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するフクロウさん

成長

002.jpg


何これ?

と思った人も多いかもしれませんが・・・

これは

一応 フクロウ さんです


我が家のおしんこちゃんが
2歳のお誕生日にフクロウさんのケーキが
食べたいなんて言うもんだから
作ってしまいました。


お誕生日自体はまだですが
ちょっと早めに家族や親戚そろって
おしんこちゃんのお誕生日をお祝いしようと
言うことになり
今日、一足先にお祝いしました~!


で、肝心のフクロウさんのケーキを
どうやって作ろうか迷ったところ・・・
ネットで検索したら
さすが北米だけあって
着色剤ドッサリ使用で怖かった。


一応幼児達が食べるケーキなんで
できればフルーツでフクロウさんを作りたいと
思い、目はパイナップルとブルーべりーで
くちばしは苺、そしてお腹はアーモンドスライスで
デコレーションしてみました。


でも肝心の体(羽の部分)は茶色じゃないですか、
だからチョコレートの変わりになるものは
ないかな~と考えてたんだけど
思い浮かばず、そのままに。

22222.jpg


そして、「ふくそうさんのケーキを食べたい」って
言った当の本人は
これがまさかふくろうさんだとは
思わなかったようで・・・(涙)


母、結構がんばったんだけど・・・


でも、でも、おしんこちゃんの
「美味しい~」っが聞けて嬉しかった・・・

トッピングのフルーツだけ食べて、
残りは、そう肝心のケーキ自体は
「これ、おいしーない。ママ、あげる」 を聞くまでは


子供は正直ですわ。



私の母親道を極める旅はまだまだ続くのであります。。。



☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ

この記事のみを表示する母親道を極める

ママ友

なんて書いてしまったら
ちょっとゾクッとしてしまいますが・・・


これ、最近わたしが密かに思っていること


どういうことかと言うと・・・


こんな私でさえ、2児の母親になることができ、
幸運なことに、今ではお家で小さな子供たちと
一緒に過ごす時間が与えられているんだから、
今のうちに『母親』として『女性』として
出来ることは極めたいな、と。
(だって、子供たちが小学校にあがるくらいになると
フルタイムの仕事に復帰か学校に戻るかのどちらかに!)




お料理になんか特にそうなんだけど
子供が出来るまでは外食やテイクアウトに頼る
かなり不健康な毎日だったけど・・・

今では料理する時間もあるし
子供ができてから食生活について考える余裕もでき
最近では出来るだけスクラッチから作るように努力してます。
(できれば子供と一緒に!)

まだまだ簡単なものばかりだけど
パンとかアンコと餃子の皮とか・・・

添加物も入ってないし、
時間はかかるものの
やっぱりおいしい

だから料理も中途半端に作れるのではなく
何でも作れるようになりたい。
料理道を極めたいなと!



縫い物にしても
子供ができてから
中学校以来触っていなかったミシンを使って
ハロウィーン・コスチューム作ったり
最近ではクッションカバー作ってみたりと
ちょっとずつだけどバラエティーが広がってきています。
こうやって興味が広がって、今では編み物もなんかにも
手を出してみたいな~なんて。



どうしてこんなことを急に言い出したのかと言うと・・・


これもひとつの出会いからなんですが
最近仲良くしてこのブログにもちょくちょく登場する
オーストラリア人のママ友さんLさんが
まさに誰もが認める「スーパーママ」


しょっちゅうお茶に呼んでくれるんだけど
お邪魔するたびに
彼女、ベイキングしてて
手作りのパンやお菓子を出してくれたり
(しかも朝9時半の時点で、すでに朝一で作った
お菓子が登場するからビックリ!)
バラエティーもスゴイ!


もちろん彼女の場合はお料理だけに限らず
編み物やらクラフトやら
フェミニンな趣味を結構楽しんでやってたりして。


何がステキかって

『今の自分の置かれた立場で出来ることはマスターしよう』

としているのがイイ!
やっている本人は新しいことをマスターできて
自信がつくし、その過程も楽しいし、
子供たちもそんなお母さんの後姿見て育って
嬉しいだろうな。


だから私もせっかくなんだから
『今の状況で出来る限りのことはマスターしたいな』
ってLさんを見て思ってしまったわけです。


そんなわけで自分のペースで今日も母親業楽しみたいと
思います

☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するトイレトレーニングは1週間で!

成長

うちのおしんこちゃん(一応まだ1才、正確には23ヶ月)

どうしても
どうしても

トイレでおしっことうんちをしたいようで
自らトイレトレーニングを始めてしまいました。。。


いわゆる『自主トレ』

(↑ 本当です)


ここ数ヶ月、トイレトレーニングを
催促されていたんだけど
「どうせ失敗で終わるだろう、面倒だ」
という、私の勝手な思い込みから避けていたんですが・・・
(だって、まだ1歳ですよ!1歳!)


母親に相手されないんだったら、
自分でやると思い立ったようで・・・(汗)
勝手にトイレに行き出しました。


やはり上のお兄ちゃんがトイレで用を足してるのをみると
自分もしたくなるみたい

あと、子供チャレンジのしまじろうのDVDを
お友達から頂いて、
トイレの箇所がお気に入りだったこともあり、
それも結構影響してるよう。


ただ私自身、トイレトレーニングは
1週間で終わらせたい派なんで
こんな小さな月齢の子供にそれが可能なのかという疑問が!

(私の育児バイブル Toddler 411 では
北米の男の子のおしめが取れる平均年齢は
3歳とあったような・・・。
ザンちゃんは2歳8ヶ月のときに本書のトレーニング法に
沿って1週間でとったこともあって、
トイレトレは面倒なのでなるべく短期間で済ませたい!)


おしんこちゃんの場合
本書の『トレイトレーニングを一週間で終わらせる方法』
にある、自分でトイレに行きたいと伝えることができるなど、
精神的な準備はできている。



ま、本人がかなりやる気満々だし、
ここは本気で試してみたほうがいいかと、
さっそく、下着を買いに行きました。


おしんこちゃんが選んだのは!


レースが付いたピンクのプリンセスパンツ


大人顔負け。
いやぁ・・・1歳用の下着とは言え
すごい!
かわいい・・・けど
ちょっとセクシーすぎるような気も


最近の女の子のパンツってこんなんなんですかねぇ??




ま、本人がこの下着を履いて
またまた調子に乗ってきたみたいなので
いいのですが・・・


さてさて肝心のダイパーですが
お誕生日までにとれるかな~?



ちなみにうんちはここ1ヶ月、100%トイレです。
すごいぞ、おしんこちゃん!



☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ






この記事のみを表示するBook club (読書クラブ)

ママ友

『Book Club 読書クラブ』を始めたいんで
メンバーになって欲しい



と、ふだん仲良くしているママ友Lさんから
プッシュ・プッシュされている私。



ここ北米では読書クラブが普及していて
だいたいお友達同士が(たいてい女性オンリー)
一ヶ月に一度ほど集まり
みんなで選んで読んだ本について
感想を言いながら
ワイワイする楽しいクラブ(のはず)です。


メンバーの性格によっては
時に激討論に発展する可能性も秘めているこのクラブ。


ふだん育児・仕事・家事の毎日なんで
こういうクラブに所属して
いつも読まないジャンルの本に手を出してみるものいいかな。
きっと視野が広がると思うし、
本一冊にしても、私にとってはただの娯楽なんで
いつもは読んで終わりですが
その書かれた内容について考えてみるのも
疲れ果てた私の脳の活性化につながるのではないかと。


ただ、何を躊躇しているかって。


それはみんなで感想を言い合うってところ。
(このみんな↑=知らない人ばかりです)


本は読むのはスキ、書くのはもっとスキなんだけど
感想となれば・・・
非常に口下手な私には試練。



中学生の頃には、夏の読書感想文を読んだ担当の先生に
「お前の感想文は、あらすじか!」と。

大学生の頃には、とっても尊敬している教授から
「口に出して自分の意見を言うのが苦手のようね。
でも書いたら別人ね、あなた」と。


これ、もちろん、両方とも、日本の先生達に言われた話です。


だから、読書クラブ(みんな英語話者なんでもちろん英語)
なんかに属したら・・・


考えただけで、ちょっとゾクッとしますが
でも入らなかったら入らなかったでなぁ。。。


自分で苦手だと思い込んで、挑戦しないのもイヤだし
自分の意見を言うのが下手でも
楽しかったらそれでいいんじゃないかな~なんて。


それに自分に挑戦する機会が
飛び込んで来てくれただけでもラッキ~。
だって、自分から読書クラブ(日本語であれ、英語であれ)
に入りたいなんて、絶対、言わないと思うし
こうやって「入れ・入れ」とプッシュしてもらえて
初めて、じゃあ、入ってみようかと考えられることだし。



コンフォート・ゾーンからの脱出です。



結果、読書クラブに入ることにしました。



大喜びしてくれたママ友。
でも感謝しないといけないのは私のほう。


新しいことに挑戦する
きっかけをくれた彼女にありがとうです。


第1回読書クラブは3月。
選定された本をまずはゲットしないと!


あーーどんな出会いが待っているのか、
楽しみぃ~~
でもちょっと緊張もするなぁ~


☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ


この記事のみを表示する怒りと対面―育児は育自

成長

4歳児のザンちゃんですが
現在近所のプリスクールに週に数回行ってます。
2時間ちょっとの本当に短い時間なんだけど
自分から「行きたい!」と言い出したこともあり
去年の11月ごろから行かせることになりました。


ちなみにカナダのプリスクールは任意制で
だいたい2歳半から5歳まで(幼稚園に入るまで)を対象に
いろんなタイプのものがあります。
週1~5の、午前中のみ、午後のみ、あるいはフルタイムといったもので
各家庭の事情に応じて好きな学校を選べるのが魅力的です。


で、楽しんで行っていた学校なんですが
ここ1週間ほど学校に行きたくないと言い出し・・・。


理由を聞き出し、一応、学校側にも気になったので一言伝えたら・・・


学校側の返答はあっさりと!


あなた、心配しすぎなのよ!
親の心配は子供に伝わるから・・・子供にうまく利用されるわよ




肝心の行きたくない理由は
ザンちゃんの悩みなので、彼のプライバシーを尊重して
ここでは伏せておきたいんだけど
その悩みに関しては「大丈夫、大丈夫」と説明してくれました。



先生(← イメージは「ハンガリーのお婆ちゃん」)とは、
何でもオープンに話せる関係で大スキなんですが
でも今日の会話はなんだかスッキリしない。
実はちょっとムカ・ムカしている私。


で、どうして、どうして、私はこんな気持ちになっているんだろうと
思っていたんですが・・・
(ほら、怒っているときにこそ、自分を知るいいチャンス!)


PMS(生理前のあのイライラ)も大いに私のムードに
影響はしていますが・・・それは別として。


だって、子供の悩みに関しては
学校側は「彼は大丈夫」と言っている。
子供のことが心配で、学校に連絡し、学校側は大丈夫って
言っているんだから、安心するべきところを
私はまだ怒っている。


冷静になって考えてみると、怒っている理由は、
要は「親が心配しすぎ」と
言われたことだったんですよね。
あの先生の言い様や言われたことが
胸にグサ・グサと。
要は自分のプライドがグサ・グサと。



子供が傷つけられることを考えれば
自分のプライドが傷ついたことなんて
どーでも良いことじゃないですか!


それに、このセリフもきっとこのブログを読んでくれてる
人の中には、怒るようなことでもない!と感じると
思うのですが、このセリフには長い歴史もあり(笑)
ふだんよく実親や義両親からも言われてる言葉でもあるのです。



だから余計に敏感なのかもしれない。



で、今日、
自分の怒りに対面し、気づきました。
本当は私、自分が、子供について心配しすぎる性質があるって
わかっているんだけど
それを受け入れたくない、容認したくなかったと。
だからまた痛いところ指摘されて
ムカムカしているんだと。



そう気づいて
そう声に出して、「そうよ、私、過保護なのよ!
そういう所は、気をつけないと!」と旦那と話すことで
なんだか身の心もスーーとラクになりました。
そしたら急に先生に対するネガティブな感情も
スーーと消えていきました!



「心配しすぎ」とまわりに指摘され続け、
その場で言葉ごと却下し、相手に対して怒るのか、
自分は本当にそうなのかと一度立ち止まって考えてみるのか
どちらが人として成長できるのか。


もちろん相手が言うことなんでもかんでも
「はい、その通りです」なんて鵜呑みするのは
良くないですが、それと同時に
「違います」とその場で却下するのもよくない。


そう、客観的に自分を見つめる作業って
大切なんですよね。
自分のこととなると、ホント難しいですが・・・(笑)



育児は育自ですよね。
私も人として子供と共に成長していきたいです。



☆☆ お知らせ ☆☆
ブログランキングに参加することにしました~!
↓ クリックしてくれたら、めちゃくちゃ嬉しいです。



人気ブログランキングへ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。