猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するフィリピンからやってくるナニーさんたち

成長

その昔、といっても、
おしんこちゃんが生まれてからの話ですが

バンクーバーの近所の公園で
ザンちゃんとおしんこちゃんを連れて
遊んでいたら
フィリピン人の女性のグループに遭遇。


その中の二人が話しかけてきました。


「ねぇ、ナニー雇わない?
あなたもいつかは仕事に戻るんでしょ?!
サウジアラビアや香港でもナニーの経験を持つ
フィリピン女性達が、今、カナダで住み込みナニーを
雇ってくれる雇用主=ビザのスポンサーを探しているんだけど!」


と、名刺を手渡され、電話番号を聞かれ(→教えてません)
かなりしつこく頼まれました。


あの時は


どうやらバンクーバーに来たいフィリピン女性達の
グループがあるのかな?


なんて他人事のように思っていたんだけど


フィリピンから非常に遠い、このオンタリオ州に来て
またフィリピン人のナニーグループに遭遇しました。


30代後半から40代前半のグループからなるこの女性たち。
とってもフレンドリー。
日本人女性が留学やワーホリでこちらにくるみたいに
彼女達も『経験』が欲しくて来たのかな・・・
なんて思っていたら


そのうちのひとりが
ボソッと


「9歳になる子供をフィリピンにおいてきたの・・・」
「ワタシもよ。16歳になったばかりでね」
「ワタシの子供はまだ4歳なんだけどね・・・」

と次々と言い出すではありませんか。

自分の子供の世話をせず
なんで他人の子供の世話なんて
外国来てまでしたいんだろう~!?と
思ったのも、つかの間。


きっと深刻な理由があるに違いない。
不思議に思ったので、聞いてみました。


そしてたら、みんな、同じ答え。


「ワタシの人生はもういいんだけど
子供の人生はフィリピンなんかで終わらせたくない!
フィリピンには未来がないのよ。

ワタシが、カナダに来て、ナニーになれたら
カナダに移民できるでしょ。
そしたら、フィリピンにいる娘や旦那を
カナダに呼び寄せられるの。
家族揃ってフィリピンから引き上げるの。
娘の新しい人生のために」


それを理由に、ここであった女性達は
みんな、子供がまだ2、3歳の時に
ひとりでフィリピンを出ているようです。


カナダ人家庭に、住み込みナニーとして雇われ、
その後、カナダに移民、
そしてフィリピンにいる家族を呼び寄せる、
それを目的に、ここに来ているらしいです。


移民するのに数年かかり
家族を呼び寄せるのに数年かかるようで


なかには子供が幼児のときから
16歳になる現在まで一度も一緒に暮らすことが
できなかったという女性も。

ビザの関係で4年もフィリピンに帰れず
子供の顔が見れてないという女性もいました。


なんだか切ないなーー。


わが子をカナダに呼び寄せるため、
他人の子供の成長を見守り
気がつけば赤ちゃんのときから
まともにあえていない関係なんて。


それでも家族の絆は強い!と
言い切れるフィリピン女性たち。


裕福な国、日本で育った私には
とうてい彼女達の背負っている問題は
理解できないけど


同じ女性として、
こういう人生もあるんだなと
悲しくなると同時に
自分がどれだけ恵まれているか
再度、実感しました。


スポンサーサイト

この記事のみを表示するりんご狩

成長

DSCN0361.jpg

先週、りんご狩に行ってきました。
オンタリオ州は現在リンゴの季節です。


生まれてはじめてのリンゴ狩り~!で
かなりウキウキ


まだまだ引越しの片づけが残っているので
家から車で10分ほどのところにある
小さな農園に行ってきました。


自分でリンゴを採って、採った分だけ
買う というシステムです。


子供たちは言うまでもなく
大人の私も旦那も大はしゃぎ。

子供たちの背丈のところに
たくさんリンゴがなっていたので
嬉しくて、これもあれもと、拾う事、1時間。

DSCN0356.jpg


気がつけば、袋の中には、リンゴが山盛り・・・
50-70個ぐらい?
これ、もちろん買わなきゃいけません。


ヤバイ。
はしゃぎすぎて肝心の値段をチェックするのを忘れていた~!!



かなりの量のリンゴを
考えずに拾ってしまった
おバカな私たち~~。


今、台所をリノベーションしているので
ジャムにしたりパイにすることも出来ず・・・
そのまま食べるしかない。


量り売りだから
正直、ちょっとドキドキしましたが
(だってりんごに50ドル(5000円)とか払いそうな
勢いだったもんで・・・・)


びっくりすることにそのお値段↓



10ドル!




入場料もなく、参加者達はリンゴを食べながら
拾ってOKだったので、これはリンゴの値段が高いに
違っていると思っていたのですが、
どうやらここの農園の持ち主は非常に寛大なようです。


だってバンクーバーでブルーベリーピッキングしたときなんて
入場料に一人10ドル(大人も子供も各自)、しかも拾いながら
食べたら罰金で、監視カメラまでついているもんだから
フルーツピッキングはみんな
そんなものだと思ってたんだけど


あとで近所に住んでいるお友達に聞くと
だいたいフルーツピッキングで
入場料をとられることはなく
みんな食べながら拾っているとのことでした。


これで9月の週末は近郊の農園へ
行くこと決定!

この記事のみを表示する急に来た冬

成長

つい数日ほどまで
ほーーんと蒸し暑く
夜なんかも窓を開けて
扇風機をかけたまま
寝ていたのですが
(30度前後の毎日!)

どうしたことやら
急に冬が来たようです。


今朝は8度って寒すぎ。

もう冬のジャケット出さないと。

この寒さ、バンクーバーの冬です。

ここにすんでいる人は
秋が来たわね!なんていってるけど
これはどう考えても冬!


どうやら夏は急に終わってしまいました。

この記事のみを表示する初めての弁当作り・・・

成長

ザンちゃんの幼稚園がとうとう始まってしまいました~

本人、かなり気合入れて、毎日がんばって行ってます。


幼稚園というものが始まると、
必然的に
弁当というものが始まってしまうわけであって・・・


これはちょっと困った。

だって
私35にして
実はまともに弁当を作ったことがない!
もちろん旦那にも作ってません。
(彼は弁当恐怖症です。その話は次回)


と言うことで、現在、平日は毎朝6時半に起きて
弁当作ってます。あーー、きついわ。
今までなら、旦那が仕事に出る寸前まで
寝れていたんですが、もうそんなわけには行きません!


そんな矢先、幼稚園からこんなお便りが。


「9月・10月は、週に一度、ランチにピザ希望者のみ販売します」


ランチにピザか。
一ヶ月に1度ならまだOKなんですが
毎週って、4歳児には、ちょっと多すぎる。



さすがに体に悪いので
せめて一ヶ月に一回だけ注文しようかなと
思ったのですが


他の保護者たちに聞くと
みんな毎週注文しているので
わが子だけ注文しないって
わけにはいかない・・・と。

しかもピザ代はチャリティーに行くので
余計にしたほうがいいという
雰囲気が校内に漂っている感じで
半強制のピザというわけです。


2ヶ月だけなら
週に一度くらいピザ食べてもいいかなと思い

先生にチラッと
このピザデーって2ヶ月だけなのかしら?
と聞いて見ると


「グットニュースよ。
このピザデー、年中通してあるのよ!
だから週に一度はランチ作らなくていいわよ。
ほんと、助かるでしょ~~!」


そう来たか―(汗)


カナダに来てもう14年になりますが
子供が出来てから
このカナダ人たちとの
価値観の違いを感じることが
多くなってきた今日このごろです。






この記事のみを表示するこの時期ちょっとした生き甲斐

成長

9月に入ってからと言うもの
もう近所のお店に入ると
ハロウィーン商品がズラーーと並んでいます。


ハロウィーンって2ヶ月ほど先の話なんだけどね・・・〔10月31日)


去年までは
そんな店に入るたび、
ちょっと気が早いんじゃな~い?!なんて
思っていたんだけど
今年の私は違う!


早くザンちゃんとおしんこちゃんの衣装作りに
取り掛からねば―


なんです
(まだ焦ってない)


衣装って今の時期に買えば
いいものもあって
意外にも安かったりするんだけど

(↑ ハロウィンに近づくにつれ、必然的に買わねばいけない人
たちが続出するんで、ハロウィン商品の値段あがります)


2年連続、子供たちの衣装を作っているので
今年も作るぞと張り切ってます。


ただ私の場合、何度か失敗するので
布もちょっと多めに
時間もちょっと多めにとって
向き合わなければなりません。


全くの素人なんで
毎年、作っている途中で
投げ出したくなったりもするんだけど
できあがった衣装を
子供たちが喜んで着ているのを見て
あーー今年も作ってよかった!って
ほんと、心が満たされます。
(実は私、かなり単純)

しかも、うちの子供たち、仮装がスキなので
ハロウィンが終わっても、そんな衣装が普段着になったりも。。。


なんで、今の時期、この衣装作りこそが
まさに私の生き甲斐


それに、ザンちゃん(4)やおしんこちゃん(2)が、
こんな私の下手な手作りの衣装なんて着てくれるのも
今だけなのかもしれないし―。


今年はザンちゃんが衣装のデザイン画まで
書いてくれるらしいので
さらに気合が。


こんなことする暇あるのなら
たまっている仕事、片付けろ!
なんですが・・・


できあがったらまたアップするので
ハロウィンの時期にブログに是非~。



この記事のみを表示する情熱を込めてパン作り?!後半

ママ友

もう2ヶ月も前の話になりますが
ママ友に影響され
イーストを使わずに(=発酵の過程から自分でやるんです!)
一週間かけてパンを作るぞ~!!と
張り切っていた私。

詳細はここへ

とりあえずバンクーバーから引き上げる前に
一度は作っておきたくて
本当に作れました!
(幸運なことに家が大洪水になってホテル暮らしになる数日前・・・)


bread.jpg


切ったらこんな感じ。

bread1.jpg


本当に、水と小麦粉だけで、こねて出来てしまったパン。
(最後にパンプキン・シードを入れましたが・・・)


絶対に食べたくない!と言っていた
旦那も
すっかりはまってしまい
また食べたいと言うほどで


あ-、こんな素晴らしいパンの世界を知り
自分で作れるようになったのも
Lさんのおかげ~!本当にありがとう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。