猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する話題の 『おにぎらず』

成長

photo 4

話題の『おにぎらず』 

ザンちゃん(4)の幼稚園のお弁当に
作ってみました~!
とっても簡単で見た目も悪くない


ですが・・・
朝、ザンちゃんに見せたら


「さんかく の おにぎり は どこ?」
と言われてしまった。


さすが日本男児、
三角のおにぎりを持って行きたかったようです。
(ザンちゃん、実は、三角のおにぎり、もって行ったことがない)


そして・・・
「この おにぎり 大きすぎ~。食べにくいから
半分に切って~~!」

そ・そこを指摘されるとは思っていなかった私。
でも、その通り・・・
幼稚園の子供の口には、このおにぎらずは
確かに大きすぎ。


外観重視で実践性を考えてなかった!
幼稚園児にこんな初歩的なミスを
指摘をされてしまった35歳主婦。。。


というコトで、幼稚園児におにぎらずを持たせるときは
ミニサイズにするほうがいいのかも。



 
スポンサーサイト

この記事のみを表示する首都オタワでテロ

成長

今週、カナダで2件にわたる
テロ事件・・・

悲しいです。







この記事のみを表示する姑さんからのメール

嫁と姑

ここんとこ、ほぼ毎日
姑さん(70)からメールが来くるようになってきました。


あっれ~!?
彼女、メールとか大嫌いなんだけど
どうしたんだろう?


つい最近までずっと電話だったんだけど・・・
(だいたい留守電にメッセージを残してくれる
パターン)


と、思いつつ、


誰かから、聞いたようです。


「マコの携帯からも
しっかりメールが見れている」と。


そして留守電の返答は遅くても
メールだけはその日に返したい派
ということを見抜いてか


ほぼ毎日、メールのやりとりしている私たち。


「新しいハンターブーツ、買っちゃった」 BY姑

「バンクーバーのお友達にはちゃんと連絡をしているのか?
していないのなら、ちゃんとしなさい」

とか

極めつけには

「(姑さんの)お友達が、(マコから)新しい引越し先の
連絡がまだないので、悲しんでいる。
今すぐ、手紙を送っておいて!」


とかとか、

ホント、離れていても、
日本の親のように
色々と言ってきてくれてます


いやぁ、旦那も自分の両親なんだから
たまには連絡しといてよ~~!なんて
言ってるんですが


「ボクは仕事から帰ってきて、
とっても疲れているから
両親と話そうと言う気分には、
到底なれないんだ。

マコ、お母さんと話してくれてありがとう。
でも絶対に、その受話器だけは、
ボクにふらないで欲しい・・・・」

というコトで、
「1週間に3回は必ず電話で話したい」
と引っ越す前に言われていたんですが
電話ができてないせいで
メール毎日やってます。。。



この記事のみを表示する幼稚園でボランティア

成長

今月の初め

幼稚園から『保護者ボランティアのお願い』
の手紙が来ました。


一時間だけ、幼稚園に来て
ボランティアとして手伝って欲しいとのことで


早速、行ってきました~


「おしんこちゃん(2)も連れて来てください」と
言われたので二人揃ってワクワク。

ザンちゃん(4)の幼稚園での様子が見れるし
トモダチの名前と顔を一致させたいと言う
願望もあり、親としては嬉しいお知らせです。


話によると、意外にも
すでに『お母さん+兄弟/姉妹』チームが
ボランティアとして来ているらしく、
ちょっと安心。いやぁ、内心、おしんこちゃんまで
つれてきてちょっとあつかましいかなっという不安も
あったわけです。

結局、幼稚園の教室に着くと
先生が私とおしんこちゃんを紹介してくれ
その後、おしんこちゃんは女の子園児たちに
囲まれ、大人気。


先生も、自分のかばんの中から
携帯取り出して

「写真とってもいいですか?」と

おしんこちゃんの写真を、とりまくってました・・・(笑)

ザンちゃんのほうはと言うと
前もって「ママは、先生のヘルパーとしていきます」
と言っていたせいか、寄ってくることもなく
お友達と遊んでました。


4歳児と5歳児がミックスしたクラスなんだけど
色んな子供がいました。

印象深かったのはアフリカ系カナダ人の子供たち〔黒人)。
数人、いたんだけど、彼らは非常に
フレンドリーで、来るなり、私の膝に座りたがったり、
話をするときも、結構、距離が近く
温かい感じが。 

先生からは
「近くに寄りすぎないの。相手のスペースを
尊重しなさい」と注意されてましたが・・・

たしかに、ちょっと近すぎるかなって思ったことも
しばしあったりもして、顔が触れそうな勢いだったり・・・(笑)

途中で「フローズン」の音楽がどこからか
流れたんだけど
騒がしかった女の子達はすぐに反応。

歌詞を覚えているようで
身振り手振りが付いて
歌ってました。男の子たちはボケーっとして見ていたんですが
さすが、女の子、発達の違いが見受けられます。
ザンちゃんには、まず、あり得ない光景です。

読書の時間では
女の子達に囲まれ
本を読んでいたわけですが
そのなかでも、とっても利発な女の子が
聞いてほしいことがあると。

「8 + 8 は 88 」と。

あ・ありがとう~~!!!
この発言ひとつでちょっと今日救われた気分。

実は、ザンちゃんも最近
足し算に興味があって、幼稚園でも
やっているようなんだけど、

決まって

「4 + 4 は 44。 1 + 1 は11」

ってな感じでして・・・

まだ4歳だし、別にできなくてもいいのだけど
学校ですでに学んでいると知ると
ザンちゃん、大丈夫かしら?と
よぎることも何度かあり、
出来てないのは、ザンちゃんだけじゃなかったのね。

園児たちに囲まれ、
アルファベットや本読みや数字など
話してみると


ふーーと、安心。
うちの息子と同レベル。


もちろん、なかには
この歳で、読み書きができる子供たちも
いますが。(本日、ラブレター書いている子供を目撃しました)


そんな感じで、1時間あっという間に
過ぎてしまい
心配性の私には
非常に実のある訪問となりました。






この記事のみを表示する悩める母 パート2

成長

おしんこちゃん2歳
ザンちゃん4歳


シラミ事件と同日に
幼稚園から別の手紙が・・・。


ザンちゃんがトモダチに唾をかけたので
今日はタイムアウトをさせました。



とのこと。


幼稚園での『タイムアウト』とは
悪いことをした子供を
教室の端においてある椅子に
ひとりで座らせて
頭を冷やす環境を提供することになってます。



ザンちゃんが他の子に
ちょっかいを出すのは、
結構、珍しいことで、
不思議に思いつつ、
謝罪はもちろんですが、


同時に


何が原因で唾を吐きかけたんだろうと
気になり

先生に聞いてみると・・・


知りません



唾を吐きかけるのは絶対にダメですが
一応、理由もあると思うので
そこは先生としても知っておくべきだと
思ったんですが


先生はこの唾の量が余りに大きく
ドバッて相手の子供についたのが
衝撃的だったらしく
ザンちゃんには厳重注意しておいたとのこと。
(確かに!唾なんてドバッてかけられたら
不衛生です。)


とりあえず、理由は、
校門を出てから、家に帰る道中にでも、
聞いてみよう


と思い
ザンちゃんの顔をふと見ると




目の下にはグッサリとひっかき跡が・・・・



ギャーー!!
これ、どうしたの・・・?



例のトモダチにやられてしまったと。。。
まぁ、幼稚園にも入れば、こんなこともあって当然ですが。
だけど、結構、傷は深い。


どうして、先生気づかなかったんだろう。


結局、後で分かったことは
ザンちゃんがレゴ(ブロック)で遊んでいる際に、
例のオトモダチが何度か、壊しに来たらしく
「やめろ」と大声で文句を言ったら
引っ掻かれた。


で、ムカついたから
唾をかけたということです。


まぁ、子供が言うことだから
どこまで正確かは、わからないけど


先生にはやはり
どうしてこういう経路に至ったかという『理由』
を聞いて欲しかったな。


まぁ、先生も忙しいから
そこまで見ていられなかったのかもしれませんが
ちょうど、シラミの件で電話がかかってきたので
母上、息子の汚名は晴らしておいたぜ!

ちなみに現在台所をリノベーションしているのですが
現場のおじさんたちが
この話を聞いていて・・・一言、

おめぇーの幼稚園、
唾をぶっかけちゃーダメだけど
顔を引っ搔くのはオッケーってことかい、
とんでもねー学校だ!

と、熱くなってくれてました・・・


で、翌日、ザンちゃんの顔を見て
びっくりした先生は、相手のご両親に
この件を話したようですが・・・・


いやぁ~、相手のご両親云々より、
先生の問題対処法をどうにかして欲しい。


実は、すでに、こんな感じで「タイムアウト」をさせられることが
3度もあり、先生も自ら、不公平に問題を処理をしてしまった
ことを教えてくれるのですが・・・(←正直なトコは素晴らしい)
親としてはちょっとムカムカすることもあるわけです。


旦那は
妻の過剰反応に対して

「ザン吉には、世の中の不公平を、学ぶいい機会だ!」

なんて言っておりますが・・・。


まぁ、確かにそうなのかもしれません。
こんなことで、怒ってばかりだったら
この先、やってられない・・・。
マコの母親に言わせると
「こんな大げさな親、おるねん!〔←マコのこと)
こんなしょーもないコトで怒って、どーするんや。
これからが本番やで!!」と。。。。

母親道はすでに険しゅうございます。







この記事のみを表示する悩める母 パート1

成長

ザンちゃん4歳
おしんこちゃん2歳


ザンちゃんの幼稚園が始まって、はや1ヶ月。
この最初の一ヶ月は色んなことがあり
ムカつくこともあれば、反省することもあり・・・と


今後、親として
色々と考えさせられることが
出てくるんだな~と思わされた月となりました。
(ほんと、世の中のお母さん、お父さん、
お疲れ様です。。。。)


家の場合は、まずは、シラミ事件!
学校が始まれば、シラミも当然、いつかは、
つけて帰ってくると思いしや。。。
早速、学校から手紙が。


「シラミがついているので、薬局に行って
即、規定の処理をしてください。それまでは
学校には来ないでください」と。

お~!マジで?
ヤッバーイ!!

・・・しかも今幼稚園で回っているらしい。


ザンちゃん、髪の毛、確かに長いんだけど
痒いとか言ったことないし
頭をかいている姿も見たことがなかったので
ちょっと不思議に思ったりもしたんですが


奴、確かに髪の毛を洗うのがキライだから
毎日(・・・いや、正直なところここ数日)
洗ってないので、もしかしてもらってきてしまったか!?


しかも手紙をもらった前日には、
公園の滑り台で頭から突進。
そのまま頭から砂場に直撃していたんで


髪の毛見たら

はい、砂だらけ

そのうえ、学校でのシラミ検査の前に
トモダチから砂をかけられたらしく


そりゃ、先生もこの砂見たら
びっくりはするだろうな・・・


ってことで
結局、ただの 『砂』 だったんですが


この件があり、いくら面倒でも
髪の毛は少なくとも2日に1回は洗わねば
と反省しました。



と、同日にまた別の連絡が・・・


それはトモダチに唾をかけたと!!
エーーなんてことを
(これはパート2で)

この記事のみを表示する童謡好きには許せないこの一言

成長

今朝の、夫の、許せない第一声


どんぐり ころころ 
どんぐり クン 


ガクッて拍子抜けしてしまうこの一言。
しょーもないことですが
何度、違うよ~~!!って言っても


どんぐり コ 


って、奴、言いません。


しかもその続きを覚えていないので
このラインを何十回も
朝から連呼





最近は
「ずいずい ずっころ ばし」
に、はまったようで
子供たちと一緒に童謡の本を片手に
朝から口ずさんでます。


朝からスゴイ歌声が響いている我が家。

あーー、一戸建てでよかった。






この記事のみを表示する幼稚園のランチ

成長

ザンちゃん4歳
おしんこちゃん2歳


こちら、ザンちゃんの幼稚園が9月から始まり、
わたしも
朝6時半に起きて弁当を作る毎日が始まりました。


弁当作りって結構悩むもの・・・


だいたいうちでは
サンドイッチやラップがほとんど。


でもこのサンドイッチも結構クセモノで
ナッツアレルギーの子供もいるから
簡単なピーナツバターサンドイッチは持っていけないと。

だから、ハムの日、スモークサーモンの日、、
卵の日、アボカドの日といった感じで
作っていたんだけど


そんなある日
ザンちゃんがふと

「ママ、もうラップやサンドイッチは食べたくない。
カリフォルニアロール持って行きたい!」と。


日本食か!さすが日本男児!

母は嬉しいぞ。

ただ・・・ただ・・・
朝から、巻き寿司は、
ちょっと私にはハードルが高いんですが

でも・・・
こうやって日本食が食べたいって言ってくれる
わが子が嬉しくて
作ってしまった。
アボカド巻きだけど。

意外なことに!
ご飯だけ炊いておけば
あとは巻くだけなので
忙しい朝でも
5分ほどで出来てしまい


なおザンちゃんも美味しかった~!と
喜んでくれたので、リピ決定。


それにしても、子供って見てるもんです。
トモダチが何を食べていたか、うちの子、
しっかり覚えて帰ってくる!


だから、たまに

「パンプキンパイ、食べたい」

とか

「スープ、持って行きたい」

とか

まぁ、色々リクエストも増えてきます。


・・・ってか、
パンプキンパイって、デザートじゃないですか。
そんなのまで持ってくる子供もいるのね(汗)

それに、スープって・・・
どうやって持っていくんだ?


旦那や友人たちに聞くと
魔法瓶に入れて持っていくらしいです。


7歳児と9歳児を持つ旦那の同僚の奥さん(カナダ人)によると
彼女はたまに
レトルト食品のマカロニチーズ(←俗に言うチーズパスタ)
を朝から作って、魔法瓶に入れて持っていくと。


これって日本でいう、インスタントラーメンを
朝から作って、それを魔法瓶に入れて
持って行くって感じかな


なんと画期的・・・


それじゃ私も、
味噌汁でも持っていかせようかしらって
一瞬、頭によぎってしまいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。