FC2ブログ
猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する主婦の意地?べジマイトよ・・・

成長

最近 『べジマイト』 が恋しくて、恋しくて・・・


べジマイトとは、イースト酵母が入っている黒いペースト
でオーストラリアでは大人気!
一般的にはパンなどにぬって食べたりします。


高校の時にオーストラリアに行った際
初めて食べたんだけど
あのときは、マズ~~~!と
食べられなかったものの
やはり歳をとると味覚って変わるようです。


去年、オーストラリア人のママ友Lさんが
アボガド+べジマイト+チーズという
絶妙なサンドイッチを作ってくれ
一瞬にして、はまってしまいました。


バンクーバーでは
結構どこのスーパーにも売っていたんだけど
(やはりオーストラリア人の人口が多いので)
こちら東海岸にはあまり普及してないよう。


お店で聞いても
『べジマイトって何?』
って返答ばかり。


同じカナダでも、やはり東海岸と西海岸では
食文化も違うんですよね~。


住んでいる地域によって
移民たちの出身国に偏りがあって
西海岸は、アジアやオーストラリアから近いがために
そちら系の食べ物は充実しており
東海岸は、ヨーロッパやアフリカから近いがために
あっち系の食べ物は豊富です。



ようやく、健康食品店で、苦労して見つけた
べジマイトも、バンクーバーで5ドル(500円)で
購入できたものが、全く同じ製品で10ドル(1000円)。
2倍!!
ちなみにオーストラリアでは2ドル〔200円)ほどらしい。


べジマイトに10ドルは高い。


ってことで、もうちょっと待つことにしました。


旦那には、
「そんなに食べたいんだったら買ったらいいやん!」
と毎回言われていますが・・・


買わないのは、主婦の意地ですかね・・・?!


**************
最後まで読んでくれてありがとう~~
下のバナーをクリックしてくれたら
ブログ更新の励みになります!!



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

この記事のみを表示する見えない傷

ママ友

心の傷って、外から見えない分
その深さがわからない。

ちょっとしたカスリ傷なのか
それとも縫わなきゃいけないほどの傷なのか―

外傷と違って
他人から見えない分だけ
他人から気づいてもらえることも難しく

こればっかりは
傷を負ってしまった本人次第になってしまう。


そして今日、
そんな心に大怪我をしていたママさんに会った。


ふだん公園でちょっと見かけて
ちょっと世間話しての関係で


外から見ると
いつも笑顔の『◎◎ちゃんのお母さん』なんだけど


その笑顔の裏には
とてつもない苦労があって・・・


今日そんな彼女と向き合って
思ったのが・・・


どんな人に対しても
大切に接するべきだなと- 。


やはり人間だから
対人関係において
仕事や学校やプライベートなどで

「この人とは合わないな・・・
苦手だな・・・」

って思ってしまうことは
誰でもあると思うんだけど


そう感じてしまう背景には


もしかしたら
相手の心には想像を絶する大怪我が
潜んでいるのかもしれないってこと―。


『自分はこう思う、自分はこう感る』
って『私、私 』ばかりが
主体になってしまって
相手の境遇など、
あんまり考える心の余裕のなかった
「自分のあり方」を反省し
ちょっと変わろう!と思いました。


**************
したのバナーを押してくれたら
とっても励みになります~~



人気ブログランキングへ












この記事のみを表示するお母さんがふたり

成長

今日、オレ、学校で、怖い目にあった!


と、


家の前に住むおばちゃんと話していたら
彼女の息子(15)がやってきた。



学校で、知らない女の子(13)が
オレの名前呼びながら
いきなり後ろから抱きついてきて
スキって言ってきた~~!

しかも、オレのお尻をギュって握って・・・!!



オバちゃん、その話聞いて、切れてた。

なんやて~!? アカンやろ!!



あの口調からして息子のほうは
嬉しそうに思えるんだけどなーー


もし私の息子が10年後にそんな悩み(?)
を話してきたら



かわいい子やった?



なんて聞いてると思うんだけどなぁ・・・




お尻を触るなんて完全にセクハラ。
息子よ、今度、彼女を追い払いたかったら、
こう言っておいて。
俺んちには、オカンが二人おるんやぞ!って。




確かに、この家庭、
お母さんが二人いる、いわゆる同性婚の
ご家庭なんですが
そんなのをネタにしてどーする!?


でもね・・・
ここの家庭
ティーンの息子さんがふたりいるんだけど
家族の仲が、むちゃくちゃ良い!


レズビアンであることをオープンに話し
笑いのネタにすることもしばしあり。


息子達も「おかーーん!」と、
なついているのなんのって。


私はこの家族に出会う前は、
親が、同性婚したら
子供って大変だろな~って
そう思い込んでいたんですが・・・


だって、反抗期(ティーン)なんかは
「レズビアンの子供」とかって学校でいじめられたり
「オレってどうやってオンナ二人から生まれてきた?」とかの
子どものアイデンティティーの問題など、
色々と出てきそうじゃない?!


でもね、
ここの家庭は
親も子供も
なんでもかんでもオープンに、
かつ対等に話しているから
そういう心配がないのかも。


こないだも、彼女の息子のひとり(15)が
「おかんは、カッコいいから、そのままでいてや!」
ってみんなの前でサラって言ったのを
覚えています。


胸がジーンと熱くなりましたよ・・・。


いつか、私も、息子からそんなこと言われてみたい!


あー、本当に、いい子供の育て方してるなーて
感心しています。今度、子育ての秘訣、
聞き出してみよっと。


**************
したのバナーを押してくれたら
とっても励みになります~~



人気ブログランキングへ









この記事のみを表示する東海岸の子供たちは寿司を食べる?

成長

日本を代表する『寿司』


カナダの西海岸バンクーバーでは
誰もが食べたことがあるはず。


バンクーバーにいたときは
公園で子供たちをつれて遊んでいると
どこからともなく
子供たち(←カナダ人家庭)が

「ママ、きょう ひるごはんに すし たべたい」

とか

「カリフォルニアロール と えだまめ が すき」

なんか言ってるのを耳にすることもしばしあり。


バンクーバーでは寿司が普及しすぎて
「寿司=ファーストフード」のような感覚に
なってしまっているといっても
過言ではないと思う。



そんな環境で暮らしていたんで

今年のザンちゃんのお誕生日パーティーにも
いつもどおり寿司を出したのですが・・・


さすが東海岸に来ただけあり
怖がって誰も食べてくれませーん



寿司の存在を知らない子供もいれば
知っているけど食べたことがない子供も
いて、唯一食べれていたのは
ニューヨークから引っ越してきたご家族のみ。


あ、でも、こうなる可能性もあるかなと
実は密かに思っていたので
一応、サンドイッチも準備しておきました。



やはり東海岸は
西海岸ほど日本人の人口が多くないし
寿司って誰もが気軽に入れるお店ではないのかも
しれません。。。
だいたいどこのスーパーに行っても
シーフード売り場に寿司は売ってあるけど
気づかない人は気づかないだろうし
どちらかと言うと
東海岸では寿司=トレンディーあるいはヘルスフードって
言う意味合いが強いように感じます。


こうなったら
ザンちゃんのお友達やご両親達には
日本食を紹介せねば~!と
ちょっと今から意気込んでいます。



**************
したのバナーを押してくれたら
とっても励みになります~~



人気ブログランキングへ




















この記事のみを表示する誕生日ケーキは墓場!?

成長

birthday cake1


今年の誕生日ケーキは
なんと!
『ゾンビ』をテーマにしたいと言い出した
わが息子。


ゾンビかぁ・・・


うーーん、誕生日ケーキくらい、
もうちょっと華やかなテーマのケーキに
したかったんだけど、


さすがに彼の誕生日で、彼が主役なんで、
ゾンビケーキに決定!


しかもケーキを自分達で作りたい
と言う子供たち。
ここ数日間何度も
言われ続けていたので、
私はスポンジを焼いただけで
本当に残りはすべて子供達が
作ってしまいました。


正直なところ、
幼稚園のお友達やご両親達も
参加のお誕生日パーティーなんで、
私がデコレーションもやりたかったんだけど

「それはケーキの見栄えを良くしたい
親である私の見栄か!」

と思い直したわけです。


2歳児と4歳児にまかせてしまったケーキが
一体どうなるのか。



ジャジャーーン


photo 2



美味しそう~?!


さてさてこのデコレーションを説明しますと


場所は荒れた墓場で、
古いお墓からゾンビが
出てきているという感じです。

ドクロもたくさんあって

なんとも恐ろしいケーキ!


このケーキを見た子供たちも保護者の方も
「すっごーーい」と大はしゃぎ。


参加者全員、一気食い。
ワーーー
そんなに美味しいのか、このケーキは!?


と、思って保護者のほうを振り向くと
うぅ・・・・と言う、うなり声が(笑)


スポンジは美味しいのだけど
トッピングが・・・
ラムネとか入っていて
珍しいと言う笑い声が!


言うのを忘れていた!

これは、ザンちゃんの誕生日ケーキだから
子供たちの好きなようにさせたんで勘弁!



って言ったら、みんな驚いてました。
全員、わたしがデコレーションしたと
思っていたらしい。



そして、ゲストがみんな帰ってから
やっと肝心のケーキを食べることが
できた私と旦那。






うーーーん 
(私の心の中:「ギャーーー」)
ザンちゃんとおしんこちゃんの
愛をとっても感じるわ~~(笑)


結構、ヤバイ。

みんなコレを「おいしい!」「珍しい!」
なんて言って全部食べてくれたのね
って感動してしまいました。



これぞ自己満足誕生日ケーキ。
ま、一年に一回はお許しくださいませ~~!


**************
したのバナーを押してくれたら
とっても励みになります~~
温泉行きたい!!


人気ブログランキングへ







この記事のみを表示する引越しと幼児のこころ

成長

うちの子供(3)、車に乗るたびに
吐くようになったの~



と話してくれたのは
バンクーバーで知り合った
オーストラリア人のママ友Lさん。


これは車に酔っているわけでなく、
車のドアを開けた時点でアウト。


実は、彼女ら一家がオーストラリアから
バンクーバーに引っ越した際に
息子(3)のストレスから生じた
リアクションらしく


この子にとっては、
車に乗る→移動→新しい場所→未知→不安
といった形で脳に伝わり
ストレスとなって吐く状況が続いたようです。
数ヵ月後(新しい生活になれた頃には)
吐くこともなくなったらしいですが~。


どうしてこんな話を急にしているかと言うと
ふと思い出したから!ってのもあるんだけど


引越しは大人にとって、
精神的にも身体的にも大変だけど

幼児にとっても、あんな小さい彼らなりに
環境の変化で、大変なはず!と

と言いたかったから。



一般的に
引越しに関しては、子供が小さいときは
子ども自身がわかってないから大丈夫とか
すぐ馴染むから安心、とか言うじゃないですか。
(私自身、この夏、東海岸に移ってくるにあたって
こんなセリフ、いろんな人から言われました~)


でも、私が思うに、
ただ、ただ、これって、
親が猛烈に忙しいために
子供の赤信号サインを見逃しているだけじゃない
かなって。


我が家の場合は、
Lさんから前もってこの話を聞かされていたから
子供中心に毎日のアクティビティーとかも
配慮していましたが
なんらかの形で、バンクーバーにいたときとは
違う兆候が現れました。


おしんこちゃん(2)の場合は
はっきりしていて
今まではひとりで寝れるようになっていたものの
新しい土地に来てから
ひとりで寝ることが出来なくなり
親のベッドに来るようになり
極めつけには、旦那をベッドから追い出し
母を独り占めするようになりました。


しかも、おっぱいまで欲しがるように。
卒乳だって、おしんこちゃんが1歳9ヶ月くらいにしたんだけど
3歳まじかな今になって、オッパイ。
これは、いわゆる『赤ちゃん返り』。


ザンちゃん(4)のほうは
私にあたることが多くなった。
これは結構キツくて、
ときに私、何か育て方間違ったかな~?
なんて思うほど。
まぁ、ザンちゃんのほうは幼稚園も始まってしまい
引越しだけの話じゃないから、
いろんなストレスから、こういう反応があって
当たり前なのかもしれない。


今は、Between Parents and Child  著Haim Ginott
という育児書を読んで、
ザンちゃん(4)との対話の仕方に
ついて、悶々と考える日々を送ってます。
ちなみにこの本の日本語版はベストセラー?だったはず。


**************
したのバナーを押してくれたら
励みになります~~
あーー、温泉行きたい!!


人気ブログランキングへ





この記事のみを表示するこんなショックな一言〔笑)

成長

日本のばあばちゃん と ママ ってどっちが若いの?
(私の母親のこと↑↑)


と、こないだザンちゃん(4)に聞かれてしまった・・・。


どういう意味や!!
見たら、わかるやん~!!


と結構ショックな一言でした。
子供は正直だからね・・・
ふと・・・私、老けてきたのかしら



*****
したのバナーを押してくれたら
励みになります~~
あーー、これ見るたびに、温泉行きたくなるなぁ・・・。


人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するマイナス10度・・・でも意外なことに寒くない

成長

今朝、起きて外の気温をチェックすると

なんとマイナス10度

こんなマイナス10度なんて
書かれたに日は
外に出る気力を全くなくしてしまうのですが

今日は旦那がザンちゃんを
幼稚園まで連れて行けないため
マイナス10度 のなか
行ってきました~。

マイナス10度、マイナス10度って
大騒ぎしていたけども

実は外に出たら
マイナス10度って言う極寒を体験したわけではなく

うーーん、スガスガシイって感じ。

これまた不思議!


バンクーバーと違ってここは雨量が少なく
11月なんて、あちらでは結構毎日のように
雨が降るんだけど
晴天続き~!!

お日様も出ていて、お空も青くて、
外一面は雪が積もっていて


結構、ロマンチックです 


外に出たい日は、天気予報を
見るべからず!ってとこかな。


*****
したのバナーを押してくれたら
励みになります~~
あーー、これ見るたびに、温泉行きたくなるなぁ・・・。


人気ブログランキングへ







この記事のみを表示する子供の絵に癒される

成長

oshinko chan drawing

これ ママの顔。
右手にあるのはハンドバッグだよ



生まれて初めて
娘おしんこちゃん(2歳半)が
かいてくれた母の肖像画。


これ、紙じゃなくて、
磁石で書いたり消したりできるボード(←名前忘れた)
なもんで、残念ながら消えてしまうのも時間の問題・・・。
だから一生忘れないようにと写真に
保存しておきました。



子供のアートって、
見る人の心を
温かくしてくれる特別な何かを
持っているように思う。


そんなアートを毎日のように
見せてもらえて、
本当に、私や旦那は幸せです。


今日の私の心は、いちだんとぽっかぽか~だよ。
ありがとう、子供たち~ と同時進行に


「あんたら、いい加減にしときよ!」
いや~~!!!

「ほんま、はよ、寝て~!!!」
いや~~!!!

こんなどなり声が毎日のように飛び交っている我が家・・・


☆ブログランキングに参加してます。↓をクリックしてくらたら
励みになります。


人気ブログランキングへ









この記事のみを表示する親である限り悩みは絶えない・・・

成長

義父がよく言っているこんなセリフ


子供が大きくなるに連れ
心配事も変わってくる。
子供たちが成人した今でさえ
なんやかんやと心配事はある。
親である限り、子供に関する悩みから
開放されることはないね~



子供たちが赤ちゃんのときは
元気に育ってくれるようにと
健康のことがまず心配で

こんな心配事も
子供が成長するにつれ
なくなるはずだと
勝手に想像していましたが


そうじゃなかったーー。


ほんと、義父の言うとおりで・・・


最近、この言葉の意味を
しみじみ感じるようになってきてます。



ザンちゃんも4歳になり幼稚園―


今、私が親として直面しているのは


子供のトモダチを親が選べない

ということ。


幼稚園に行くまでは
ザンちゃんのトモダチって
私のママ友たちの子供たちであって
私の選んだ人たち―。


だけどザンちゃんが
幼稚園に行くようになった今、
親から離れて
自分で自分の気のあう友達を
選んで遊びたいわけで・・・


そうなってくると
イベントやら
お誕生日会やら
プレイデートやら


「ザンちゃんの友達の」ご両親や兄弟姉妹と出会い
相手側のお家にお邪魔したり
こちらに来てもらうこともあったりと

今までになかった交流、
(すなわち自分達が選べない大人同士の交流)
が始まります。


言うまでもなく、
色んな経済的、社会的バックグラウンドの人たち
と会うわけで
同じ価値観を相手側に求めているわけでは
ないんだけど
でもある程度の水準ってもんがあって
それを曲げられない、許容できない自分がいる。


たまにそんな自分が、イヤな大人に思えて
がっかりすることもある。

でも、自分が間違っていない とも思ってる。




もうちょっと詳しく話すと
私にはある程度の
衛生基準があって・・・


シラミやピンクアイ(はやり目)など
他の子供にうつる可能性のある感染症を
持っている子供や保護者は、
ちゃんと対処〔完治)するまでは
人と会うべきじゃないと思うし


グレーゾーンで言うと
親も子供も、体中が砂だらけで、
家に入ると体中から砂が出てくるとか
あるいは体中に不思議な吹きれものがあるとか・・



そういう不衛生な環境に
どうしても私自身が馴染めなくて
いくらザンちゃんのお友達といえども
プレイデートして欲しくないな・・・ってちょっと思ってしまう。


こういう想像もしなかった問題に直面し、
それに対する自分の相手に対する気持ちに
いろいろ考えさせられます。


「ザンちゃんの友達のことで
こんなにヒーヒー言ってたら、
彼女を連れてくる日には、アンタ、大変なことに
なってるよ・・・」By 旦那


我ながら、旦那の言う通りだろうな~と
自分の将来が怖くなった一瞬でもありました。


↓ クリックしてくれたら励みになります!


人気ブログランキングへ




この記事のみを表示する私の「幸せ」はこんなところからやってくる

成長

brussels sprout

おしんこちゃん(2)の隣に
堂々と君臨しているものが
何かおわかりでしょうか。


これは芽キャベツ!


芽キャベツってこんな感じで
できるんですね~~
キャー、感動。
知りませんでした。


ブロッコリーの背が伸びた感じ?


おしこんちゃんも
感動して
茎からこの芽キャベツを
むしって、食べてます。
もちろん、皮もひとはだ、ふたはだと
嬉しそうに剥いて~。


こないだおしんこちゃんをつれて
ジョギングしている際に
たまたま通りかかったファーマーズマーケットで
購入したんですが、バンクーバーだったら
ファーマーズマーケットって結構週末が
中心なんだけど、ここは毎日やっていると言うことで
しかも隣が公園となっており
とってもステキな発見となりました。

ちなみに店のオバちゃんに

「この、芽キャベツのサイズが小さいんだけど
これから大きくなるの」と聞いたら
(鶉の卵くらいの大きさ)

「芽キャベツは小さいほど
甘くてジューシーで美味しいのよ。
今が食べ時なのよ」
と教えてもらいました。


この芽キャベツ、
2つで$5(約500円)って
めちゃ安い。


芽キャベツのおいしい時期となりました。


↓ ブログランキングに参加しています。
クリックしてくれたらうれしいです。

人気ブログランキングへ

この記事のみを表示するまだまだ言いたいハロウィンのこと 2/2

成長

待ちに待ったハロウィーン


うちは!
旦那も仕事を休むほどの気合の入れようです。


午後6時。
日は沈み
さて出陣。


子供たちも、親の私たちも
ワクワク、ドキドキ。


ザンちゃんの幼稚園のお友達一家
も揃ったことで、
一緒に『Trick or Treat』と
近所を回り始めること5分。



我が家の前に住んでいる子供(9)
と彼の父親が
一緒に回りたいと・・・。


我がグループ、平均年齢3歳で
歩くの遅いし
お友達家族とすでに行く約束してるので
ゴメン!と断ったにも関わらず


この9歳児、どうしても一緒に行きたいと・・・


じゃあ、小さい子供たちがいるので
一緒に行くのなら、
皆を待つことが条件って話したんだけど


この子、待ってくれない


何度、私がダメだといっても
ザンちゃん(4)だけを連れて
行こうとする。


家族揃って
ほのぼのハロウィーンの予定が


「ザンちゃん、待って~!!」と
追いかけてばかり。


子供のための大イベントハロウィーンだからこそ
注意ばかりしたくなかったんだけど


夜に、勝手に
9歳児と近所中を回られても困る。
(たとえ9歳児の親父が見ていたとしても)


しかも、この夜のイベントは
家族と、お友達家族と、って
話ってあったこともあり



結局・・・わたしが注意しまくったせいか
みんなの前でザンちゃんと言い合いに。



かなり最悪なハロウィーンに・・・


もしかしてザンちゃんのハロウィン
台無しにしてしまった?と不安が
よぎりながら

でも、ハロウィンだからって
ダメなことはダメだし
親として正しいことをしたと思いたい・・・


と、自分を正当化しながら
でも、ちょっと、泣きたい気分。



家に帰るなり
あ~~~、くっそ~~
なんて思いながら一息ついたところで


ピンポーン


で、玄関を開けると


最近、仲良くなったママ友さんが!


キャーー、何と言う偶然。
彼女の顔を見ただけでも
嬉しかったんだけど


それ以上に彼女の一声が

「わたし、今、かなり最悪なハロウィンを
過ごしているんだけど・・・・」

と。

どうやら彼女も同じようなことで
息子と喧嘩してしまったようです。


ありがとう~~~!!
この一言に救われたわたし。


ハロウィンの夜に
子供と喧嘩してしまいショックを受けているのは
私だけじゃなかったのね~!


ということで、親の気持ちとは裏腹に
子供たちは自分たちだけで
近所中を歩いてみたくなる
ハロウィーンなようで・・・

こんなことで
喧嘩になる家庭もありますので
年頃の子供をお持ちのご父兄さん
どうぞ心のご準備を~~~



人気ブログランキングへ





この記事のみを表示するまだまだ言いたいハロウィーンのこと 1/2

成長

ザンちゃんが生まれてから
ハロウィーンを本気で楽しむようになった
私たち夫婦。


何が楽しいかって・・・


それはやはり、
ユニークなコスチューム(衣装)を
着ることもなんですが


当日の夜、近所中を
「Trick Or Treat」
と言いながら、お菓子をもらうのが
なんとも楽しい。


どこの家も、結構、
気合が入っていて
庭や家の外観には、
お化けやら、ガイコツやら、お墓やらと
演出が凄まじく、お化け屋敷のよう。


そんな雰囲気のなか、
子供たちとキャーキャー、怖いだの、
面白いだの言いながら
お菓子もらいに行くのが
とっても楽しみだったんだけど


ハロウィーン1週間前に、気づいたことが!


それは、うちの家にも近所の子供たちが
お菓子をもらいにくるってコト。。。


バンクーバーでは、
マンションに住んでいてから
子供たちが来るってことはなかったんだけど
今年からは違うんだ~~。


住宅街、しかも子供人口の密度が
非常に高いところに住んでいるため
絶対に、近所の子供たちがお菓子を
もらいに来ます!


ってことは、私か、旦那か、どっちかは
家でお菓子配りをしないといけない!


あ、で、これは確実に
家での留守番は私に決定となりました。


だって、旦那、
去年のハロウィンの際は、
長期出張でバンクーバーにおらず
非常に悔しい思いをしたのを
今日のように覚えているんですもの・・・


しゃーない、これは奴に譲るしかない
と思っていた当日


ザンちゃんの幼稚園のお友達家族から
「一緒に、今晩、回ろう~!」なんて
誘われさらにショックを受けていたら



「大丈夫!うちも家族揃って、
近所を回りたいから
お菓子を玄関に置いておくの!」と。





なるほど~!!


ハロウィン初心者だけに
そこまで頭が回らなかった私たち。


で、私たちも、
玄関にお菓子をヤマのようにおいて
「ご自由にどうぞ~!!」のサインを残して
さて出陣。



今年も家族揃ってハロウィン回りをしたんですが・・・。


つづく


この記事のみを表示するハロウィーン そして軽いカルチャーショック

成長

遅くなりましたが・・・
先週のハロウィーンの写真です。


毎年、手作りの衣装を作っているので
今年もはりきって作りました~!


hij.jpg


ザンちゃん(4)ファイアーボーイ(Fireboy)
おしんこちゃん(2)は青ネコ


ザンちゃんの衣装は予想通り
1週間かけて作ったのに一回目失敗。
2回目の挑戦でなんとか着れるようになりました。
(10月29日30日の二日間で
作りあげました・・・ふーーー、ヤバかった)


ハロウィン前日には

幼稚園からお知らせの手紙があり
『ハロウィン当日は、衣装を着て学校にきても良い』
とのことで・・・


ザンちゃん、喜んで学校に着ていきました~!
これだけでも、作った甲斐あった!

お友達からもカッコいいって言われたようで
嬉しかったようです。


ちょっとびっくりしたのが・・・


前日に学校からもらったお知らせに
ハロウィン当日の衣装について

『メイクアップはダメ、マスクはダメ、武器はダメ』
とあったのですが


当日、幼稚園に行くと、

顔中に包帯を巻いてミイラになって
登場する園児もいれば

ゾンビのメイクアップをしていたり

バットマンのマスクをつけてきていたりと・・・


おお~~~!


結構、みんな、学校からのお願いを守っていない


これって問題なのは・・・
子供のほうじゃなくて
親のほうで・・・


ダメって書いてあるのに、
着せてしまうところがニクイ!(笑)


しかも、ひとり、ふたりの話じゃない。


これは、価値観の違いのなのか?!


日本だったら、学校からのお知らせで
そんなことが書いてあったら
きっとみんな守ると思うんだけどな。


こっちで育った旦那に言わせて見ると

ハロウィン前日に、こんなお知らせを
出すほうが間違っていると。

みんな、衣装の準備は前もってしているんだから
前日に、こんな手紙をたたきつけられて
衣装を変えるわけにはいかないんだ!

それにハロウィンなんて一年に一回しかないんだから
好きな衣装を着ればいい!!

と熱くなってました。


まぁ、彼の言っていることも一理ありということで
それでも、私は学校がダメって言った事はしませーん
と思いつつ・・・


きっと、他の親御さんたちも
彼と同じような理屈で
着せたんだろうな~~。


またしても、親の価値観に、
軽いカルチャーショックを受けた
ハロウィーンでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。