猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する参観日での涙

成長

今週はザンちゃん(6)の小学校の
クリスマスコンサートがありました



幼稚園のときからですが、
うちの学校、いつもお知らせがギリギリで・・・

コンサートにしても1週間前に
お知らせが来てくれました。



コンサートが終わってから
「ご両親は教室に遊びに来てね!」と
お手紙にあったので、ワクワクしながら
息子の教室に行ったよ~。



教室入るなり、息子とその友達が
勉強机や、自分の棚や、
あれやこれやと案内してくれて
楽しかった~



でもね、泣いてる男の子たちも数人いたの。
「ボクのママとパパが来てない~!」って。


そんな姿をみて
ちょっとかわいーーーなんて
思いつつ
同時に、そうだよね、体も態度も日々でかくなってきてるけど
やっぱ、子供なんだよね~!と再認識。



後日、ママ友さんから聞いたんだけど
そんな泣いてる子供たちに向かって
「来るか来ないかの決定はあなたのご両親が決めた事です」
と担任の先生がシビアに話したそうです。



まぁ、確かに、その通りなんだよね。
先生も、ひとりひとり、泣いている生徒に構うわけにも
いかないしね・・・


でもまだ子供なんだから、
「辛いね~。今度は来てもらおうね!」なんて、
ちょっと同情してあげてもいいんじゃないかな~
とも思ってしまったんだけど


どうなんだろう・・・・。


*****************

寄ってくれたついでに、
下のバナー(ブログ人気ランキング)のクリック↓↓ も
どうぞよろしくお願いします 



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!
原作を担当しました

アマゾンから。


■小倉マコホームページは こちら まで















スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。