猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するお腹がすいたら校長室

成長

か、教頭室に行くらしい・・


小学校一年生になる息子(6)が
教えてくれた。


そしたら、先生が
何かくれるらしい~!!


バナナだったり
マフィンだったり
シリアルだったり


この話聞いて、私びっくりしてしまったよ。

だって、ちゃんと弁当持たせてるのに~
なんでわざわざ 校長先生や教頭先生の
ところに~!!


この子、家で食べさせてもらってないのね
なんて、思われるんじゃないだろうかと
自分のことを心配した私。(なんて腹黒い・・・


まぁ、それにしても恥ずかしいわ~





でもね、これってとっても良いシステムだと思った。


気軽に校長先生や教頭先生のところに
いけるのってスゴイことだと思う。

(私が子供のときなんて、そんなこと
できなったよ・・・怖くて)


こうやって、食べ物を通して
先生=生徒間の距離が縮むんで

子供たちも、何かあったら
食べ物をもらうついでに
ちょっと先生達に打ち明けたり

逆に先生達も子供たちの様子を
知ることができる!

おなかも一杯になることは言うまでも無くですね。


一石二鳥です。


*****************

寄ってくれたついでに、
下のバナー(ブログ人気ランキング)のクリック↓↓ も
どうぞよろしくお願いします 



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)も
是非、読んでみてください~!
原作を担当しました

アマゾンから。


■小倉マコホームページは こちら まで
















スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。