FC2ブログ
猫とワタシ

カナダでのんびり育児

―――カナダ東海岸で、6歳児と4歳児との、のんびり育児ライフを綴ってます―――

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する本当にシーサーだらけ

日本旅行

一枚の原稿では語りつくせなかった南国沖縄旅行を忘れる前にここで。
あ、あと原稿に書けないことってあるしね・・・


前回の続きとなりますが!
わたしひとりで、子供ふたり連れて、全く土地勘のない沖縄へ行ったんだけど
やはり一人で連れて行ったからこそ
今回の4泊5日旅行は思い出いっぱい。



小さい子供と一緒に旅行すると
子供視点で色んなものが見れるから
それがすごく新鮮で楽しかった


なかでも一番ワクワクしたのは
シーサーを村の至る所でみたこと!!


okinawa33.jpg


ウィキペディアによると
シーサーとは、沖縄語で獅子のことを発音したもので、伝説の獣の像。
建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、
家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持つ。
屋根の上に設置されるケースが多いとされる。



なるほど。
高台など見晴らしの良いところから、悪い人が来ないように見張っているのですね~!

okinawa22.jpg
(写真 シーサーに嚙まれたい娘)

そんなカッコいいー意味を知ってしまったので


子供たちはシーサーカナダに持って帰りたい!


と。

琉球村(経験型テーマパーク)で、シーサー作らせた♡
(ちなみに琉球村は、読谷村のホテルから車で15分くらいのところ
だったので運転苦手だけど、なんとか行けたよ もちろんカーナビにお世話になりました)


okinawa44.jpg


今、オタワの自宅でしっかりと
悪い人が来ないように見張ってくれます

ちなみに琉球村ではシーサーの作り方が丁寧に
説明されてたので、しっかりと写真に収めてきました。
ほんきで作るで!


あと、読谷村の漁業組合あたりを車で運転しているときに
ガレージみたいな店で巨大なシーサーを売ってるのを発見!
こういう巨大シーサーってローカルの人が買っていくのかしら?


欲しい!・・・けど、高そうだし、船で送らなきゃいけないし、
それよりも駐車場みつけて、子供ふたり連れて店に入るのが面倒だったんで
諦めた・・・

これが私のなかで一番悔いに残ってること

来年は夏休みに1.2ヶ月ほど、家族4人、
沖縄に住みたいなーと本気で思ったりも。
仕事みつけてね(苦笑)


*****************
■ Facebook始めました~!皆さんと繋がれたら嬉しいです。たまに仕事で書いた記事もアップしてます。よろしくお願いします。

■ 「ブログ読んだよー」 と下のバナー(ブログ人気ランキング)をクリックしてくれたら励みになります♡
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


こちら「姑は外国人」(角川書店)では
原作を担当しました
アマゾンから。


















スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。